Apple Life

「あ!これ面白い!」「あ!これ便利!」と共感してもらえたら嬉しいです。

「3D海中探検宝探しプール」で子供の水への恐怖心を和らげて克服しました!

f:id:applebaka:20170717181632j:plain
わが家には5歳と3歳の子供がいるのですが、持っている家庭用プールの大きさでは2人入るには限界でした。プールが小さいのでそろそろ買い替えようと考えていたところ、Amazonでこの「3D海中探検宝探しプール」を見つけました。しかもこのプールのおかげで水に顔をつけるのが怖かった息子が克服することができました。Amazonで少しでも安く買うためのツールも合わせてご紹介いたします。

スポンサーリンク

 

購入目的

  • 持っているプールが小さいため
  • 水への恐怖心を克服するため

今まで使用していた家庭用プールが、子供2人が入るには小さいので買い替えを検討しました。ご近所さんの子供さんとの交流もあるため少しでもみんなで遊べるように大きめのプールを探していました。あと上の子が保育園でどうやらうまく水に顔つけをできないようなのでどうしたものか考えていたところ、マスクド・ニシオカさん(id:maskednishioka)の記事を思い出しました。

参考になりました!ありがとうございます!

www.maskednishioka.com

上記の記事を読んで、できるだけ楽しんで恐怖心を抑えて、徐々に遊びながら苦手を克服できるようにと考えました。その時、妻がAmazonでこのプールを発見しました。

3D海中探検宝探しプール

初めて聞いた時は「え!?何ていうプール?」と聞き直しました。商品を見るまではそれはそれは妄想が大きくなりました(笑)だって3Dですよ!妄想が凄くていざ商品を見た時は「あれ?これ3D?」と拍子抜けしましたけどね。でもネーミングが素晴らしい。

価格をチェック

やっぱり大事なのは値段ですよね。7月の終わりにこのプールを見つけて値段を確認したら、5480円でした。んーもう少し安くならないかなーが本音。なので購入が少し遅くなりました。8月に入って少し忘れてたので、慌てて確認すると・・・

3980円!?

前の値段をその時は覚えていませんでしたが、間違いなく安くなっていたと確信し、即購入しました。安くなったので、その分で電動エアーポンプを購入しました!

 

Amazonの商品の値段ってけっこう変わりますよね。私はこの「Amazon Price Tracker」というChromの拡張機能でAmazonの価格変動をチェックしてから購入することにしています。

 

今回のプールの値段の変動はこちら(Amazon Price Tracker)

f:id:applebaka:20170717191542p:plain
 値段がかなり変動しているのがわかります。私が8月に入って見た時が1番値段が下がった時でした。今は売り切れの場合や、7800円で販売されているようです。高っ!

Amazonでよく購入されている方は、ご存知の機能ですね。初めて見た方は、ぜひ使ってみてください。もっと安く!と願い過ぎて買いそびれることもありますけどね(笑)インストール方法や使い方はこちらを参照してください。

gigazine.net

chrome.google.com

購入したもの

すいません。前置きが長くなりました。ここからは、写真でサクッと紹介したいと思います。今回購入した「3D海中探検宝探しプール」と「電動エアーポンプ」はこちらです。

f:id:applebaka:20170717191737j:plain
左の「3D海中探検宝探しプール」には、出したらもう直せないぐらいコンパクトにプールが収納されています(笑)

 

 

f:id:applebaka:20170717191819j:plain
あとこの水中メガネが2つ入っています。

 

f:id:applebaka:20170717191901j:plain
それとこれが宝石でしょうか。これを水中で探して遊びます。

 

f:id:applebaka:20170717191951j:plain
そしてこれが「電動エアーポンプ」です。パワー重視にしたので、電池タイプではなく、電源コンセントタイプにしました。これは空気を入れることも、抜くこともできるので準備や片付けで汗まみれになることはありません。

電動エアーポンプ (ACタイプ) ハイパワー (空気入れ&空気抜き両対応)

電動エアーポンプ (ACタイプ) ハイパワー (空気入れ&空気抜き両対応)

 

準備

f:id:applebaka:20170717192142j:plain
このプールの底は、薄くて子供が転倒すると危険なので、アルミロールマット(厚め)をプールの下に引くのをおすすめします。あまり大きすぎると濡れたマットは滑るので歩くと危険です。

 

f:id:applebaka:20170717192423j:plain
そしてこのアルミロールマットの上にプールを広げます。

 

 

f:id:applebaka:20170717192552j:plain
空気を入れるのは2箇所あります。1つはサイドに空気が入り、もう1つは高さが出ます。空気を入れる口が合うか心配しましたが、先程の電動エアーポンプでちゃんと空気が入ります。

 

 

f:id:applebaka:20170717192810p:plain
電動エアーポンプでパンパンになるまで10分もかからなかったです。電動はいいですね。あとパワーを重視して購入して良かったと思いました。サイズは、長さが262センチ、幅が175センチ、高さが51センチです。容量は778リットル入るようです。子供がまだ小さいため私は半分も水を入れませんでした。

 

 

遊んでみよう!

f:id:applebaka:20170717192911j:plain
赤と青のゴーグルは、面白かったのか嫌がらずにすぐ着けてくれました。宝石をプールの底に沈めて「どちらが多く宝石を取れるか!」「メガネで覗いて探してごらん」と言ったところ、少しずつ顔をつける時間が長くなり自然と水の中の宝石を探して楽しんでいました。1回目でここまで顔をつけれるとは、思いもしなかったのでこれで少しは水への恐怖心が和らいだかもしれません。 

 

 

f:id:applebaka:20170717193032j:plain

画像:Amazonより

肝心な3D感は…み、み見えると思います。私もこの赤と青の水中メガネをかけて水の中に顔をつけてみました。プール内の絵が立体的に見えなくもないですが・・・っていう感じです。子供達はキャッキャッ楽しんでたのでいいかと。

おまけ

f:id:applebaka:20170717193321p:plain
宝石探しに飽きてくると、バケツで遊んだり水鉄砲で遊んだりしていると…

 ファッ!?

 

 

f:id:applebaka:20170717193439p:plain
ファッ!?

 

f:id:applebaka:20170717193613j:plain
1つ200円ぐらいで買った水鉄砲です。2つないと喧嘩になるので、2つ買いましたがあまりおすすめは・・・(笑)ホームボタンを押すと自分に水がかかるという仕組みです。失礼しました。

まとめ

このプールのおかげで、保育園のプールの時にも顔をつけることができて褒められたそうです。恐怖心も楽しみながら和らげることで、克服することができました。少しズレた時期にプールを購入した方が、安く買えるかもしれません。「Amazon Price Tracker」を使って値段の変動を見てお得な時に購入してください。電動のエアーポンプは、浮き輪等にも使えて早く空気を入れることができて便利なので、1つ持っているといいかもしれません。いい買い物といい思い出ができました!

www.feeling-life.net