Apple Life

「あ!これ面白い!」「あ!これ便利!」と共感してもらえたら嬉しいです。

MacBook Air を外部出力で超快適に♪

スポンサーリンク

f:id:applebaka:20170618174358j:plain
MacBookを使用していて、もう少し大きい画面で見たいな〜と思ったことはないでしょうか。また、もう1つ画面があれば作業の効率が上がるのに…と考える人も多いと思います。今回は、もう1台のモニターを使用して外部出力表示する方法をご紹介します。使ったケーブル類も合わせてご紹介します!

スポンサーリンク




別のPCモニターを有効活用したい!

f:id:applebaka:20160229094331p:plain
現在、MacBook AirのノートPCとWindowsのデスクトップPCの2台のPCを使用しています。ブログを書くときはMacBook Air、仕事をする時はWindowsPCと使い分けています。MacBook Airを使ってブログの記事を書いていると、画像を編集する場合があるので「もう少し画面が大きければ…」という時がよくあります。

そこで買ったのがこれ!!


f:id:applebaka:20160229094404j:plain

MacBook AirとWindows PCで使っているのモニターを 外部出力で表示させるためにこのケーブルを購入!「Thunderbolt DVI-D 変換ケーブル 1.8m」 Amazon購入しました。

HDMI変換ケーブルはこちら

MacBook Airの接続場所は?

f:id:applebaka:20160229094416p:plain
MacBook Airの右横にUSBポートがあります。そしてその横にカミナリのマークがあるところにThunderboltケーブルを接続します。


f:id:applebaka:20160229094429p:plain
MacBook Air側に接続するケーブルの形も見ていただければ わかりやすいと思います。上下を間違えやすいのでご注意を!


f:id:applebaka:20160229094443p:plain
接続するとこんな感じです。MacBook Air側の接続はこれで完了です!

外部モニターと接続場所は?

f:id:applebaka:20160229094455p:plain
こちらのDVI端子側をモニターへ接続します。(モニター側の対応端子を選んで購入してください。)

f:id:applebaka:20160229094505p:plain
MacBook Airから外部モニターへDVIケーブル接続しています。Windows PCでもこのモニターを使用したいので、WindowsPC側は、D-Subケーブルを接続。
スポンサーリンク




モニター側で表示を切り替え

f:id:applebaka:20160229094524p:plain
MacBook Airを外部出力して使いたい場合と、WindowsPCも使いたい時もあるので、モニター側で切り替えるようにしています。

ミラーリング表示

f:id:applebaka:20160229094537p:plain
ミラーリング表示にする方法ご参考までに…
「システム環境設定」→「ディスプレイ」 【配置】タブを選択して、その中にある 【ディスプレイをミラーリング】にチェックを入れるだけです。


f:id:applebaka:20160229094553p:plain
こんな風に外部モニターにも同じ画面が 表示されて使用することが可能です。大きいモニター側で調べ物したり画像を編集し、MacBook Air側でブログの作成などの画面によって使い分けて使用することができるので便利です。

まとめ

今回は、Thunderbolt DVI-D 変換ケーブル1本で MacBook Airをマルチモニター化して快適な環境に することができました。ワイヤレスキーボードなども またご紹介したいと思います。まだMacBook を マルチモニター化していない人は、ぜひ試してみては いかがでしょうか。
スポンサーリンク