Apple Life

「あ!これ面白い!」「あ!これ便利!」と共感してもらえたら嬉しいです

Apple TVでAmazonプライムビデオがやっとテレビで見れるようになりました!

f:id:applebaka:20171207232405j:plain
12月7日、ついに我が家のApple TVで、Amazonプライムビデオがテレビで視聴できるようになりました!これはかなり嬉しいアップデート。スマホやパソコンで視聴するのもいいですが、やはり映画やドラマはテレビの大きな画面で見るのがいいですね。

簡単な初期設定も合わせて紹介します!
(第3世代のApple TVで操作しています。Apple TVの世代によっては、表示が異なる場合があるのでご注意を)

2018年7月28日追記:劇場版ドラゴンボール19作品が視聴可能に!

スポンサーリンク
 

 

 

Apple TVでプライムビデオ視聴を開始

f:id:applebaka:20171207235355j:plain
Apple TV向けのOSが最新の「tvOS11.2」にアップデートされていれば、Apple TVであのAmazonプライムビデオを視聴することが可能になりました。

Apple TVは、第3世代以降で対応。

www.apple.com

6月のWWDC2017で、Apple TVで対応すると発表があってついに…。

この日をずっと待っていました。AmazonプライムビデオをもうMacBookからAirPlayで見る必要がなくなりました。パソコンで見るのもいいですが、やっぱりテレビの大画面で見たいですよね。

第3世代以降のApple TVに対応ということで、2012年頃発売したApple TVなら対応しているとのこと。我が家のApple TVは、第3世代だったのでギリギリ対応していました。これだけ楽しみにしていて対応していなかったらショックでしたね。

Apple TVでAmazonプライムビデオを視聴する時に、簡単な初期設定があったので紹介します。

初期設定

f:id:applebaka:20171208060549j:plain
Apple TV向けのOSが最新の「tvOS11.2」であることが必要なので、アップデートしてください。私は自動的にアップデートする設定になっていたので、Apple TVをつけたらすぐに気づきましたね。

 

f:id:applebaka:20171208061939j:plain
YouTubeやNETFLIXの中に「Prime Video」を発見!
第4世代のApple TVでは、App StoreでAmazonプライムビデオアプリをダウンロードする必要があるようです。

 

f:id:applebaka:20171208062414j:plain
Prime Videoを選択して進むと、Amazonアカウントにサインインする必要があります。サインイン方法は、2つあるようです。

  • リモコンでサインインする
  • Web上のコードでサインイン

「リモコンでサインインする」この場合は、テレビの画面上でアドレスや電話番号を入力し、Amazonアカウントにサインインします。またApple TVを操作するアプリからでも入力し、サインインすることが可能です。

「Web上のコードでサインイン」この場合は、「www.amazon.co.jp/mytv」にスマホから開きます。Amazonアカウントにサインインし、テレビに表示されるコードを入力します。

私は「Web上のコードでサインイン」を試してみました。

 

f:id:applebaka:20171208063725j:plain
まずは、スマホから先程のURL「www.amazon.co.jp/mytv」にアクセス

次にAmazonアカウントのサインイン画面になるので、メールアドレス・パスワードを入力してサインインします。

そしてAmazonアカウントにApple TVのデバイス登録が必要なようです。テレビに表示されている登録コードをスマホに入力し登録します。

無事登録ができれば、デバイスがAmazonビデオアカウントに登録がされましたと表示され無事完了です。

Amazonプライムビデオ

f:id:applebaka:20171209103837j:plain
Amazonアカウントにログインして、デバイス登録が完了したらプライムビデオの視聴ができるようになります。私も何を見ようか楽しみですが、子供達が一番喜ぶかもしれませんね。

 

f:id:applebaka:20171209111613p:plain
プライム会員(年間費3,900円/税込)であれば、プライムビデオの映画やドラマやアニメが見放題です。月換算325円でAmazonプライムビデオだけでなく、無料お急ぎ便やPrime Musicなどたくさんのサービスを受けることができます。月間プランだと、月額400円(税込)です。
▶︎Amazonプライムについて

最近あまりプライムビデオを見ていませんでしたが、久しぶりにページを開いてみたら、いろいろ増えていますね。テレビで見れるようになったので、映画やドラマなどをゆっくり見ようと思います。まだ、会員ではない方は、何が見れるのかしっかりチェックしてみてくださいね!

30日間の無料体験で試すことが可能です。
▶︎Amazonプライムビデオ 30日間無料体験

Apple TVがまた活躍しそう

f:id:applebaka:20171209180307p:plain
最近使っていなかったApple TVがまた我が家で活躍しそうです。正月休みにはゆっくり映画やドラマを見ようかな。なんでApple TVを買ったか忘れましたが、5、6年前ぐらいにMacBook Airを購入した時にいっしょにポチッとしました。

あの頃は、テレビでYouTubeが見れるのが魅力的でした。(今はスマホで見てるw)
iPhoneで撮影した動画をApple TVを使ってテレビで見れたので、子供が生まれてから撮影した動画などをテレビで見るのに活躍していましたね。みんなでテレビの大きい画面で見れるのがいいですね。

あ、私は第3世代で止まったままなので、今のApple TVの魅力がよくわかっていません。興味がある方は、Appleの公式ページでApple TVをチェックしてみてくださいね。

www.apple.com

劇場版ドラゴンボール19作品追加

f:id:applebaka:20180728071931j:plain
Amazonプライムビデオでアニメ「ドラゴンボール」の劇場版が追加され視聴が可能になりました。プライム会員であれば下記の19作品を無料で視聴することができます。

  • 劇場版 ドラゴンボール 神龍の伝説(1986年)
  • 劇場版 ドラゴンボール 魔神城のねむり姫(1987年)
  • 劇場版 ドラゴンボール 摩訶不思議大冒険(1988年)
  • 劇場版 ドラゴンボールZ(1989年)
  • 劇場版 ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ(1990年)
  • 劇場版 ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦(1990年年)
  • 劇場版 ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空(1991年)
  • 劇場版 ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強(1991年)
  • 劇場版 ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち(1992年)
  • 劇場版 ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人(1992年)
  • 劇場版 ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦(1993年)
  • 劇場版 ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴(1993年)
  • 劇場版 ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない(1994年)
  • 劇場版 ドラゴンボールZ 超戦士撃破!!勝つのはオレだ(1994年)
  • 劇場版 ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ(1995年)
  • 劇場版 ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる(1995年)
  • 劇場版 ドラゴンボール 最強への道(1996年)
  • 劇場版 ドラゴンボールZ 神と神(2013年)
  • 劇場版 ドラゴンボールZ 復活の「F」(2015年)

懐かしい作品ばかりですね。子供の頃に映画館で見たのを思い出します。時間がある時に少しずつ見ようと思います。早速「復活のF」は見ました(笑)

詳しくはAmazonプライムビデオをチェック!



大阪ガスの電気とAmazonプライムが連携

大阪ガスの新しい電気プラン「スタイルプランP」に切り替えると、Amazonプライムがついてくるとのこと。便利な配送オプションはもちろんのこと、Prime MusicPrime Videoを利用することが可能です。さらに今ならAmazonギフト券がもらえるようです。

これからAmazonプライムを…と考えている方は、大阪ガスの電気プランも合わせて考えてみてはいかがでしょうか。

home.osakagas.co.jp

まとめ

2011年にAmazonのプライム会員になって、そこまで活用できていなかったですが、最近は、無料お急ぎ便以外にもPrime Musicを利用しています。そして今回のAmazonプライムビデオの対応で、少し眠らせていたApple TVが活躍しそうです。


▶︎▶︎Amazon プライムビデオ


AmazonとGoogle間でいろいろあるようですね・・・。
Apple TVでYouTubeが見れなくなるのは困るのでお願いしますよー!

www.gizmodo.jp

 

 

最後まで、ありがとうございました!