iOS13対応機種のiPhoneを発表!iPhone6はアップデート対象外に!iPadOS未対応機種のiPadも発表

この記事では、2019年9月20日にリリースされた「iOS13」の対応機種や新たに追加された新機能についてご紹介しています。

iOS13」では、「ダークモード」や「写真編集機能向上」など数多くの新機能が使えるようになります。

ご自身のiPhoneが「iOS13」に対応しているiPhoneなのか対応していないiPhoneなのかをご確認ください。

iOS13について

  • iOS13の対応機種(サポート対象)は?
  • iOS13の非対応機種(サポート対象外)は?
  • iOS13の新機能は?

また、新たに登場した「iPadOS」のサポート対象機種となるiPadもあわせてご紹介します!

iOS13対応機種や非対応機種のiPhoneは?

iOS13の対応機種のiPhone

WWDC2019で発表されたiOS13では、ダークモードやカメラ・写真編集機能などたくさんの機能が追加されました。

ただ、残念ながらすべてのiPhoneが対応しているのではなく、サポート対象のiPhoneサポート対象外のiPhoneがあります。

まずは、「iOS13」に対応しているiPhoneの紹介です。

サポート対象のiPhoneは、以下のとおりです。

iOS13対応機種一覧

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)

iPhone SE 第1世代やiPhone6s、iPhone6s Plus以降のiPhoneであれば、iOS13」にアップデートすることが可能です。

そして残念ながら、iOS13に対応していないアップデートできないiPhoneもあります。

iOS13の非対応機種のiPhone

残念ながらiOS13」にアップデートできないiPhoneは、以下のとおりです。

iOS13非対応機種一覧

  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 5s
  • iPhone 5

iPhone 6以前のiPhoneは、iOS13」にアップデートすることができません。

 

搭載されているチップは、以下のとおりです。

名称発売日チップiOS13
iPhone 72016年
9月25日
A10対応
iPhone 7
Plus
2016年
9月25日
A10対応
iPhone 6s2015年
9月25日
A9対応
iPhone 6s
Plus
2015年
9月25日
A9対応
iPhone 62014年
9月19日
A8非対応
iPhone 6
Plus
2014年
9月19日
A8非対応

iOS13へアップデートするには、A9チップ以上が搭載されている必要があります。

ちなみに、iOS12の最新バージョンは、「iOS12.5.5」になります。

関連記事iOS12.5.5アップデート方法と内容

セキュリティ面のアップデートですので、iOS13に対応していないiPhoneを使用中の方は、iOS12.5.5へアップデートをお忘れなく!

iOS13新機能について

ダークモード

新機能

  • 特に低照度の環境においてすばらしい視聴体験をもたらす、新たな美しいダークカラースキーム
  • 日の入や特定の時刻に自動でオンになるようにスケジュールすることも、コントロールセンターからオンにすることも可能
  • 外観がライトモードとダークモードによって自動的に切り替わる、4つの新しいシステムの壁紙

カメラおよび写真

新機能

  • 新しい“写真”タブで写真と動画を簡単に見つけて振り返り、共有することができるキュレーション済みのライブラリの表示
  • 簡単に写真を編集および調整し、一目で確認できる、新しいパワフルな写真編集ツール
  • “回転”、“切り取り”、“自動補正”など、30を超える新しいツールによるビデオ編集機能
  • iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxではポートレート照明の強さの増減が可能
  • iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxで白い背景のモノクロポートレートを撮影できる新しいポートレート照明効果“ハイキー照明(モノ)”

Appleでサインイン

新機能

  • すでにお持ちのApple IDでAppやWebサイトにプライベートな方法でサインインして参加可能
  • 名前とメールアドレスのみを使用する、シンプルなアカウント設定
  • 固有のメールアドレスを共有してあなたにも自動的に転送される“メールを非公開”
  • アカウントを保護する内蔵2ファクタ認証
  • お気に入りのApp使用時のAppleによるトラッキングやプロファイリングなし

App StoreとArcade

新機能

  • サブスクリプションに1度登録するだけで、画期的な新しいゲームを広告や追加購入なしで好きなだけプレイが可能
  • App Storeの新しい“Arcade”タブで、最新のゲームやパーソナライズされたおすすめ、さらに特別なエディトリアルコンテンツをブラウズ
  • iPhone、iPod touch、iPad、Mac、Apple TVでプレイが可能
  • モバイルデータ通信接続を使用して、サイズの大きなAppのダウンロードが可能
  • アカウントページから利用可能なAppのアップデートの表示やAppの削除が可能
  • アラビア語とヘブライ語のサポート

マップ

新機能

米国向けに新しいマップを公開。より広範囲の道路がカバーされ、住所の精度が向上し、歩行者向けのサポートが強化され、詳細を表示できる地域が増加
“Look Around”を使うと高解像度のインタラクティブな3D体験で街中の探索が可能
お気に入りの場所のリストをコレクションにして友達や家族と簡単に共有可能
毎日アクセスする場所にすばやく簡単にナビゲーションできる“よく使う項目”
リアルタイムの交通情報、リアルタイムのフライト状況のアップデート、より自然なターンバイターンの音声経路案内

リマインダー

新機能

  • まったく新しいデザインで、よりパワフルかつインテリジェントな方法でリマインダーを作成/整理
  • 日付、場所、フラグ、添付ファイルなどをリマインダーに追加できるクイックツールバー
  • “今日”、“日時設定あり”、“フラグ付き”、“すべて”を使用して今後のリマインダーを簡単に確認できる新しいスマートリスト
  • サブタスクとグループ化されたリストでリマインダーを整理

Siri

新機能

  • Apple Podcast、Safari、マップでパーソナライズされたSiriからの提案に対応
  • 100,000を超える世界中のライブラジオステーションをSiriから再生可能
  • “ショートカット” Appが内蔵Appに

ミー文字とメッセージ

新機能

  • 新しいヘアスタイル、帽子、メイク、ピアスなどの新しいミー文字カスタマイズオプション
  • ミー文字がステッカーパックになって“メッセージ”、“メール”、他社製のAppおよびすべてのiPhoneモデルで使用可能
  • あなたの名前や写真、さらにミー文字も、オプションで友達との共有が可能
  • インテリジェントな提案と結果のカテゴリ化により、メッセージを簡単に見つけるための検索機能が強化

CarPlay

新機能

  • CarPlay Dashboardを刷新。音楽、経路、スマートなSiriからの提案を1つの画面に表示
  • “カレンダー” Appを刷新。1日の予定の表示、ミーティングの場所までの移動、電話でミーティングに参加、およびミーティングの主催者への連絡のオプションを追加
  • Apple “マップ”のデザインを一新。“よく使う項目”、“コレクション”および“ジャンクション表示”(中国のみ)を追加
  • Apple Musicのアルバムアートが表示され、お気に入りの曲を簡単に検索可能
  • CarPlayで“運転中の通知を停止”が利用可能

拡張現実

新機能

  • iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxで、Appのピープルオクルージョンで仮想オブジェクトを人物の前または背後に自然に配置
  • iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxでは、Appのモーションキャプチャで体位や人物の動きを把握。キャラクターの移動や仮想オブジェクトの操作が可能
  • iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxで、同時に最大3人の顔を認識して友達と楽しむことができる、ARコンテンツ向け複数顔認識
  • 同時に複数のARオブジェクトを表示して操作できるARクイックルック

メール

新機能

  • 送信者を受信拒否して、受信拒否した送信者からのメールメッセージをすべて直接ゴミ箱に移動
  • スレッドをミュートして、メールが非常に多いスレッドからの通知を停止
  • リッチテキストフォーマットツールやあらゆる種類の添付ファイルに簡単にアクセスできるフォーマットバー
  • すべてのシステムフォントとApp Storeからダウンロードした新しいフォントをサポート

メモ

新機能

  • メモをサムネールとして表示して必要なメモを見つけやすくするギャラリー表示
  • ほかの人にメモのフォルダ全体へのアクセスを許可して共同制作するための共有フォルダ
  • メモ内のイメージおよびスキャンした項目内のテキストのビジュアル認識を行う、よりパワフルな検索
  • チェックリスト項目の簡単な並べ替えやインデントを行うことができる、またはチェック済みの項目を自動的にリストの下部に移動することができる新しいチェックリストオプション

Safari

新機能

  • スタートページをアップデート。お気に入り、よく閲覧するサイト、最後に閲覧したWebサイト、Siriからの提案を表示
  • テキストサイズのコントロール、リーダー表示、サイトごとの設定にすばやくアクセスできる、スマート検索フィールドの表示オプション
  • 個々のWebサイトに対してリーダー表示を選択したり、コンテンツブロッカー、カメラ、マイク、位置情報へのアクセスを有効にしたりできるサイトごとの設定
  • ダウンロードマネージャ

QuickPath

新機能

  • キーボードでなぞり入力を使って移動中でも片手で簡単に入力
  • 文の途中でも、なぞり入力とタップ入力を切り替え可能 * 候補の単語が表示される予測バー

テキスト編集

新機能

  • スクロールバーをスクラブして直接ドラッグし、長文の書類、Webページ、メールをすばやく移動することが可能
  • カーソル移動の速度と精度が向上し、目的の位置に簡単に移動可能
  • テキストの選択操作が改善し、テキストをタップしてスワイプするだけで選択可能

フォント

新機能

  • お気に入りのAppでApp Storeのカスタムフォントを使用可能
  • “設定”でのフォント管理

ファイル

新機能

  • “ファイル”で外部ドライブがサポートされ、USBドライブ、SDカード、またはハード・ドライブのファイルのアクセスと管理が可能
  • SMBサポートによる勤務先のサーバや自宅のPCへの接続
  • ローカルドライブにフォルダを作成し、よく使うファイルを追加するためのローカルストレージ
  • Zip圧縮およびZip解凍がサポートされ、Zipファイルの作成と展開が可能

ヘルスケア

新機能

  • 新しい“概要”表示に、通知、よく使う項目、よく使うAppやデバイスからのハイライトなど、パーソナライズされたデータを表示
  • よく使うAppやデバイスからのヘルスケアデータをハイライトして時間経過と共に傾向を役立つチャートやグラフにして表示
  • 周期記録機能を使って、出血量、症状、妊娠に関する指標など、月経周期に関する情報を記録可能
  • Apple Watchの“ノイズ” Appからの環境音レベル、ヘッドフォンの音量、聴覚検査のオージオグラムなど、聴覚の健康に関するデータタイプ

Apple Music

新機能

  • タイミング同期された歌詞機能で正確なタイミングで歌詞を表示してさらに楽しい音楽体験
  • 100,000を超える世界中のライブラジオステーション

スクリーンタイム

新機能

  • 30日間の使用状況データを使い、過去数週間のスクリーンタイムの数値を比較
  • 複数のAppカテゴリ、特定のApp、またはWebサイトの制限を1つの制限に結合
  • スクリーンタイムの制限時間になったときに、“あと1分”オプションを使って作業内容をすばやく保存したりゲームからログアウトすることが可能

プライバシーおよびセキュリティ

新機能

  • 位置情報を“1度だけ許可”するオプションにより、Appと位置情報を1度だけ共有することが可能
  • バックグラウンドのトラッキング通知により、Appがバックグラウンドで位置情報を使用しているときに通知が可能
  • Wi-FiおよびBluetoothの機能改善により、Appがユーザの同意なしに位置情報にアクセスすることを防止
  • 位置情報の共有コントロールにより、写真を共有する際に位置情報データを簡単に削除するオプションが利用可能

システム全体の体験

  • コントロールセンターでWi‑FiネットワークおよびBluetoothアクセサリを選択
  • 左上隅に控えめに表示される、新しいデザインの音量コントロール
  • Webページ、“メール”のメッセージ、iWorkの書類、および“マップ”で、ページ全体のスクリーンショットを撮影可能
  • 共有シートのデザインが新しくなり、インテリジェントな候補機能を使って数回タップするだけでコンテンツの共有が可能
  • iPhone XR、iPhone XS、およびiPhone XS Maxでドルビーアトモス、ドルビーデジタル、
    またはドルビーデジタルプラスのサウンドトラックのコンテンツを再生するときに魅力的な
    サラウンドサウンド体験を実現するドルビーアトモス再生

言語サポート

新機能

  • 38の新しいキーボード言語をサポート
  • 広東語、オランダ語、ヒンディー語(デーバナーガリー文字)、ヒンディー語(ラテン文字)、アラビア語(ナジュド)、スウェーデン語、およびベトナム語のキーボードでの予測入力
  • iPhone X以降で絵文字と地球アイコンのキーが別々になり、言語と絵文字選択の切り替えをよりすばやく簡単に実行可能
  • 音声入力言語の自動検知 * タイ語-英語およびベトナム語-英語の二言語辞書をサポート

中国向けの機能

新機能

  • カメラで専用のQRコードモードを利用可能。コントロールセンターからアクセス可能で、QRコードのパフォーマンスが向上。フラッシュライトのオプションを備え、プライバシー保護機能も向上
  • 中国での運転中に“マップ”でジャンクション表示を利用し、複雑な道路での移動を容易にすることが可能
  • 中国語キーボードの手書きエリアを調整可能 * 倉頡、速成、筆画、および手書きキーボードで広東語の予測機能

インド向けの機能

新機能

  • 新しくなった男性と女性のSiriの英語(インド)の声
  • 22のインドの公用語をすべてサポートし、15種類の新しいキーボード言語を追加
  • ヒンディー語(ラテン文字)と英語キーボードの二言語キーボード(予測変換入力を含む)
  • ヒンディー語(デーバナーガリー文字)キーボードでの予測変換入力
  • 新しいインドの言語用のシステムフォント(グジャラート文字、グルムキー文字、カンナダ文字、オディア語)により、App内での読みやすさが向上
  • アッサム語、ベンガル語、グジャラート語、ヒンディー語、カンナダ文字、マラヤーラム文字、マラーティー語、
  • ネパール語、オディア語、パンジャブ語、サンスクリット語、タミール語、テルグ語、およびウルドゥ語用の、新しい30種類の書類用フォント
  • 数百もの間柄を表す新しいラベルにより、連絡先に正確なラベルを付けることが可能

パフォーマンス

新機能

  • Appの起動が最大2倍高速化
  • iPhone X、iPhone XR、iPhone XS、iPhone XS MaxでのFace IDによるロック解除が最大30パーセント高速化
  • Appアップデートのサイズが平均60パーセント縮小
  • App StoreのAppのサイズが最大50パーセント縮小

その他の機能および改善

機能追加と修正点

  • 不明な発信者を消音し、“連絡先”、“メール”、“メッセージ”で既知の番号からの電話を受けながら、その他の着信はすべて留守番電話に転送
  • バッテリー充電を最適化し、iPhoneが完全に充電されている時間を減らすことで、バッテリーの劣化速度を低下
  • 省データモードにより、モバイルデータ通信または選択した特定のWi-Fiネットワーク経由のデータ使用量を削減
  • PlayStation 4およびXboxのワイヤレスコントローラをサポート
  • “iPhoneを探す”および“友達を探す”が1つのAppに統合され、紛失したデバイスがWi-Fiやモバイルデータ通信に接続できない場合でもデバイスを探せる機能を搭載
  • Apple Booksの読書目標により、毎日の読書の習慣づけを支援
  • “カレンダー”がイベントへの添付ファイルの追加をサポート
  • ファミリー共有でインターネット共有を使うと、家族のデバイスが自動的に近くにあるiPhoneのインターネット共有に接続することが可能
  • “ホーム” Appでは、HomeKitアクセサリのコントロールのデザインが新しくなり、複数のサービスに対応するアクセサリをまとめて表示可能

iOS13アップデート履歴

iOS13の機能追加または修正などのアップデート履歴は、以下のとおりです。

IOSバージョンリリース日アップデート内容
iOS132019年
9月20日
・機能追加(上記参照)
・修正(上記参照)
iOS13.12019年
9月25日
・AirDrop
・ショートカット
・バグ修正
iOS13.1.12019年
9月27日
・バグ修正
iOS13.1.22019年
9月30日
・バグ修正
iOS13.1.32019年
10月16日
・バグ修正
iOS13.22019年
10月29日
・Deep Fusion
・絵文字追加
・バグ修正
iOS13.2.22019年
11月08日
・バグ修正
iOS13.2.32019年
11月19日
・バグ修正
iOS13.32019年
12月11日
・スクリーンタイム
・バグ修正
iOS13.3.12020年
01月29日
・バグ修正
iOS13.42020年
03月24日
・ミー文字追加
・バグ修正
iOS13.4.12020年
04月08日
・バグ修正
iOS13.52020年
05月21日
マスク着用時にFace ID搭載
 デバイスにパスコード表示
・バグ修正
iOS13.5.12020年
06月02日
・バグ修正
iOS13.62020年
07月16日
・ヘルスケアアプリ
・バグ修正
iOS13.6.12020年
08月13日
・バグ修正
iOS13.72020年
09月02日
・新型コロナウイルス感染症
 接触通知システム
・バグ修正

iOS13.7の後、2020年9月17日にiOS14がリリースされました。

iOS14リリースはいつ?

WWDC2020が2020年6月23日午前2時から開催され、iOS14は、2020年9月17日にリリースされました。

iOS14の対応機種について以下の記事でまとめています。

関連記事iOS14対応機種まとめ!サポート対象のiPhone発表!iPhone6sやiPhone SEも対応!

iOS14の新機能についても上記の記事で紹介していますので、併せてチェックしてみてください。

iPadOS対応機種や非対応機種のiPadは?

対応機種のiPad

iPadは、「iOS」ではなく、「iPadOS」になることがWWDC2019で発表されました。

Macに近づき、iPhoneと違ったことができるiPadになってさらに人気が出そうですね。

iOS13」と同じく2019年9月20日(日本時間)にリリースされました。

iPadOSサポート対象(アップデートできる)となっているiPadは、以下のとおりです。

iPadOS対応機種一覧

  • 12.9インチiPad Pro
  • 11インチiPad Pro
  • 10.5インチiPad Pro
  • 9.7インチiPad Pro
  • iPad(第6世代)
  • iPad(第5世代)
  • iPad mini(第5世代)
  • iPad mini4
  • iPad Air(第3世代)
  • iPad Air2

非対応機種のiPad

残念ながらiPadOSの対象外(アップデートできない)になるiPadは、以下のとおりです。

iPadOS非対応機種一覧

  • iPad Air
  • iPad mini2
  • iPad mini3

まとめ

この記事では、iOS13の新機能や対応機種、非対応機種をメインに紹介しました。

それでは、iOS13情報をまとめると以下のとおりです。

iOS13
対応機種
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone 11 Pro Max
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone X
iPhone SE(第2世代)
iPhone 8
iPhone 8 Plus
iPhone 7
iPhone 7 Plus
iPhone 6s
iPhone 6s Plus
iPhone SE(第1世代)
iOS13
非対応機種
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone 5s
iPhone 5
iOS13
リリース日
2019年
9月20日
iOS13
新機能
ダークモード
カメラポートレート
Arcade
(サブスクリプション)

iOS13では、残念ながら「iPhone 6」や「iPhone 6 Plus」は、対応されませんでした。

その他にもWWDC2019では、「iPadOS」や「watchOS 6」や「macOS Catalina」についても発表されました。

新機能が増えてさらには、App Storeでは、「Arcade」というサブスクリプションサービスが開始されています。

Arcadeについての登録や遊び方について下記の記事で紹介していますので、併せてチェックしてみてください。

関連記事Arcadeの登録方法と解約方法まとめ!

 

iOSやiPadOSのアップデート方法について、YouTubeのApple公式チャンネルで公開されています。

YouTubeiPhonやiPadをアップデートする方法(3:04)


最後まで、ありがとうございました!

Copyright© Apple Life , 2022 All Rights Reserved.