iOS15対応機種を発表!新機能は?アップデートはいつ?iPhone6sやiPhoneSEサポート対象に!

2021/06/08

2021年6月8日に開催されたWWDC2021でAppleは「iOS15」を正式に発表しました。

FaceTime内で動画や音楽を共有することができたり、メッセージアプリやマップアプリのアップデートがあり、たくさんの新機能がiOS15では用意されています。

ただし、「iOS15」に対応しているiPhone(対応機種)であることが必要です。

この記事では「iOS15」について、新機能・リリース日・対応機種・サポート対象外をまとめてご紹介しています。

iOS15対応機種一覧

iOS15にアップデートすると、これまで以上にたくさんの新機能を利用することが可能になります。

ただし、iOS新バージョンにアップデートするには、その使用しているiPhoneが対応できるスペックなのかによって、iOS15サポート対象とサポート対象外に分かれてしまいます。

Appleが発表したiOS15の対応機種をご紹介しますので、現在使用しているiPhoneが適用できるのか確認してみてください。

iOS15サポート対象のiPhone

iOS15に対応しているiPhone(対応機種)は、以下のとおりです。

サポート対象機種

  • iPhone 12
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE(第1世代)
  • iPhone SE(第2世代)
  • iPod touch(第7世代)

iOS15対応機種は、iOS14対応機種すべてに対応しており、iPhone 6sやiPhone SE(第1世代)もアップデート対象になりました。

関連記事iOS14対応機種まとめ

まだまだiPhone 6sやiPhone 6s PlusやiPhone SE(第1世代)を使用しているユーザーは多いので、Twitterでも多くの喜びのツイートがありました。

iOS15サポート対象外のiPhone

残念ながら、iOS15に対応していないサポート対象外のiPhoneは、以下のとおりです。

サポート対象外

  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • iPhone 5sなど

iOS14に対応していないiPhoneは、もちろんiOS15には対応していないので、アップデートすることはできません。

上記のiOS15およびiOS14に対応していないiPhoneの最終iOSバージョンは、以下のとおりです。

iPhone品名最終iOS
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone5s
iOS12.5.3

iPhoneを使用することは可能ですが、新機能だけでなくセキュリティ面でもアップデートできないのは、使用を続けるにはリスクがあります。

iOS15リリース日はいつ?

最新iOS15のリリース予想日

最新のiOS15がリリースされるのが、いつになるのかが気になるところですね。

現在(2021/06/12)ところ、iOS15がリリースされる日程は、以下のとおりです。

iOSバージョンリリース日
iOS152021年秋頃

今年の新型iPhoneが発売される頃にiOS15がリリースされると予想されます。

リリースの日程が発表されましたら、追記更新します。

過去のiOSリリース日

過去の最新iOSがリリースされた日程は、以下のとおりです。

iOSバージョンリリース日
iOS122018年9月17日
iOS132019年9月19日
iOS142020年9月16日

iOS15のリリースは、2021年の9月中旬になるのでしょうか。

今年発表される新型iPhoneには、iOS15がインストールされた状態で販売されると予想できますので、あわせて新型のiPhoneと最新iOSが楽しみですね。

iOS15新機能一覧

iOS15にアップデートすることで利用できるようになる「新機能」にはどういったものがあるのかご紹介します。

iOS15新機能

  • FaceTime シェアプレイ
  • FaceTime 立体音響
  • FaceTime グリッドビュー
  • FaceTime ポートレートモード
  • FaceTime マイクモード
  • FaceTime リンク
  • FaceTime WindowsやAndroid対応
  • メッセージアプリのアップデート
  • 新しいミー文字の追加
  • フォーカス
  • 通知画面の外観変更
  • マップアプリのアップデート
  • Safari 新しいタブバーデザイン
  • Safari タブグループ
  • Safari 音声検索
  • Safari 拡張機能
  • 写真のライブテキスト
  • カメラ内のライブテキスト
  • ライブテキスト翻訳
  • Visual Look Up
  • Spotlight
  • 写真 Memories
  • Apple Music メモリーズ
  • 健康アプリのアップデート

まだまだ新しい機能がたくさんあり、Apple公式ページでも紹介されています。

新機能をいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。

FaceTimeでアップデートされた主な内容

FaceTimeのSharePlay(シェアプレイ)

FaceTimeでは、SharePlay(シェアプレイ)機能が追加されます。

  • FaceTimeの通話中に友達と映画やテレビ番組をストリーミング再生でいっしょに鑑賞することができます。再生された画面も同期して同じ画面をみんなで共有し、同じ瞬間を楽しむことができます。音声も自動的に調整し、会話をしながら鑑賞することができます。
  • 友達と音楽を共有して聴くことができます。
  • 写真や地図などFaceTimeの会話中に画面を共有して見ることができます。

FaceTimeは、顔を見て会話するだけのものではなく、いろんなことを同時に共有することができます。

FaceTimeの立体音響

画面に表示された顔の方向から会話が聴こえるため、自然と目線をむけて会話を行うことがきます。

3人以上の複数人とFaceTimeで会話をする時にいいですね。

FaceTime グリッドビュー

グリッドビューでは、FaceTime参加者が数名いても、同じサイズのタイルに表示されるため大人数でも会話しやすくなります。

そして話す時に自動的にスピーカーが強調表示(タイルに白枠表示)になるため、大人数でも今誰が話しているかわかりやすくなります。

FaceTime ポートレートモード

FaceTimeのビデオキャプチャがより綺麗になりました。

iPhoneのカメラにあるポートレートモードを採用しました。

ポートレートモードでは、背景をぼかして自身の顔に焦点が合うようにします。

FaceTime マイクモード

このマイクモードは、凄い機能です。

声をしっかりと認識し、それ以外の物音や雑音などを消して声をしっかりと聴くことができます。

風の音や雨の音なども見事に消して声だけをはっきりと聴くことができると思います。

まるで近くで話しているようとAppleも表現していましたが、まさにそう感じるのではないでしょうか。

友人とのFaceTimeでの会話や、オンライン会議などでこれからFaceTimeが活躍しそうですね。

FaceTime リンク

FaceTimeの通話をする時にそのリンクを作成し、どこにでも共有することができます。

メッセージアプリやメールで相手に送ることが簡単にできるので役立ちそうです。

FaceTimeで通話する予定がある時に、事前にリンクを送信して準備ができて便利ですね。

そしてカレンダーアプリに移動してイベント設定することも可能です。

FaceTimeリンクで通話に参加できるのは、iPhoneやMacBookなどのAppleデバイスだけでなく、AndroidやWindowsデバイスを持つ方もそのブラウザから通話に参加することが可能です。

ミー文字のアップデート

新しいミー文字スタイルの追加

今回のiOS15の新機能に「ミー文字」のアップデートが含まれており、ミー文字のスタイルが多く追加されます。

ミー文字の追加されるスタイルは、以下のとおりです。

  • 衣類
  • 新しいメガネ
  • 帽子
  • 目の色

季節に合わせた40種類以上の衣類からスタイルを選ぶことができます。

メガネはハート型、星形、レトロな形を含む3つの新しいメガネが追加されるようです。

帽子や目の色も、選択して変更できるカラーバリエーションが増えます。

これまで以上にミー文字で自分のスタイルを表現できるようになりそうですね。

新しいミー文字ステッカーも追加されます。

ミー文字の作成および使い方

まだミー文字を作成および使用したことがない方は、下記のApple公式ページで詳しく紹介されていますので、ぜひチェックしてみてください!

関連ミー文字の作り方や使い方

集中モード

iPhoneの便利な通知機能が時のは、集中したい時に気が散る原因となっていることがあります。

集中モード」では、そんな通知の優先順位を決めて通知したり、通知の時間帯決めてを朝や夜のみにまとめて通知をして確認することができるようになります。

大事な相手のメッセージは、しっかり通知することもでき、見逃す心配もありません。

すべての通知をオフにする「おやすみモード」もいいですが、平日昼間の仕事中の場合や、休日の場合などいろんなシーンにあわせて通知の制限をかけることができのはいいですね。

そしてiPhoneだけでなく、使用しているMacBookやiPadなどのAppleデバイスにも反映できるようです。

ライブテキスト

写真のライブテキスト

写真に写っている文字などを認識し、テキストをコピーすることができます。

写真に写っているお店の名前をコピーして調べたり、ホワイトボードに書かれた内容の写真の文字を抜粋することも可能です。

自分自身で入力して検索するよりも画像から読み取る方が効率が良さそうですね。

Web上の画像にもライブテキストが活用できるようです。

カメラのライブテキスト

写真のライブテキスト以外にもカメラアプリにも同じ機能があります。

写真を撮ってからではなく、カメラアプリを起動して向けた先の文字をテキストとして読み取ることが可能です。

会議のホワイトボードに書かれた内容を文字としてコピーし、メモアプリに文字を貼り付けることも可能です。

チラシなどに書かれた電話番号をカメラアプリで読み取り、そのまま電話することも便利ですね。

ライブテキスト翻訳

ライブテキストでは、7つの言語(英語、中国語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、ポルトガル語、スペイン語)を認識し、テキストをタップするだけで翻訳することが可能です。

このライブテキストは、iPhone、Mac、iPadで使用することができます。

WWDC2021でiOS15をチェック

日本時間の6月8日(火)2時に開催されたWWDC2021は、視聴されたでしょうか。

WWDC2021では、iOS15以外にもiPadOS15watchOS8などの新機能が紹介されていました。

まだ試聴されていない方は、Apple公式ページまたはAppleのYouTube公式チャンネルでもWWDC2021で各OSの新機能を視聴することが可能です。

ぜひ、1度チェックしてみてください!

まとめ

iOS15の対応機種が、iOS14と同じ対応機種には驚きました。

iPhone 6sやiPhone SE(第1世代)がサポート対象外になるのではないかという噂もありましたね。

今回のIOS15は、大型アップデートではなく、マイナーアップデートとも言われていますが、新たな新機能が多く準備されています。

iOS15リリースまで多くの新機能の情報が徐々に公開すると予想されるので、新しくiOS15について分かり次第追記更新する予定です。

Apple公式ページでもiOS15について詳しく紹介されるので、あわせてチェックしてみてくださいね。

 

最後まで、ありがとうございました!

 

Copyright© Apple Life , 2021 All Rights Reserved.