iPhone7 Plus全面保護フルカバーでジェットブラックモデルをレッド(RED)風にしてみた!

レッドカラーのiPhoneって1度は使用してみたいと考えたことはないですか?

でもやっぱり赤いiPhoneを購入する勇気はない・・・でも持ちたい!

そんな時に探して見つけたのが今回ご紹介する赤いiPhoneケース。

ただの背面だけの通常のケースではなく、全面保護のフルカバーケースの赤を購入したので、レビューしたいと思います。

私と同じように赤いiPhoneに興味がある方や、現在使用しているカバーに飽きてきた方の参考になれば嬉しいです!

iPhone 7 (PRODUCT)RED Special Edition

2017年3月25日に発売された、iPhone 7 (PRODUCT)RED Special Edition。

(RED)製品を購入すると「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)」に直接寄付されます。

iPhone以外にもiPhoneケースやApple Watchのバンドなども販売しています。

今回ご紹介するカバーは(RED)製品とは全く関係がありません。

詳しくは、下記のApple公式ページをチェック!

Apple (PRODUCT)RED

iPhone 7 Plus全面保護フルカバー

iPhone 7 Plusのジェットブラックモデルを使用して赤色の全面フルカバーをつけてレッドiPhone風にしてみたいと思います。

画像の右が商品です。開封してみます。

同梱されていたのは以下の通りです。

同梱物

  • レッドカバー(前面)
  • レッドカバー(背面)
  • ガラスフィルム
  • ドライ&ウェットシート

※ガラスフィルムはもともと付けているので、今回カバーに同梱されていたガラスフィルムは使用していません。

全面カバーを分けるとこんな感じです。

ポリカーボネート素材で製造されており、非常に軽くて傷がつきにくい素材になっているとのこと。

触った感じがかなりしっとり感があり、手触りが良くて指紋跡などは全くつかないです。

中はこんな感じです。

中まで塗装されていないのが残念です。

ですが、落下時に伝わる衝撃をケース内側の四隅(ポリカーボネート)で吸収して衝撃を最小限に抑えてくれるとのこと。

では、iPhone 7 Plusのジェットブラックモデルに装着してみたいと思います。

ジェットブラックをレッドカラーにしてみた(取り付け)

背面を取り付けてみました。

ぴったりジャストサイズです。

上部か下部のどちらかを先にはめ込むと装着しやすいと思います。

あとは前面カバーを取り付けるだけ。

ボリュームボタン側から先にはめ込むと装着しやすいと思います。

装着完了です。

画像よりも実物はもう少し明るい色になっています。

前面のフロントカメラ部分はこんな感じです。

カメラ起動時にカバーが映り込む心配もありません。

ボリュームボタン付近はこんな感じ。

マナーモードの切り替えも問題なくできます。

もちろんボリュームの大小変更が可能です。

電源ボタン付近です。

これも問題なく押すことができます。

スピーカーとLightningコネクタ部分です。

音量やLightningケーブル接続も問題ありません。

メインカメラ部分です。

ジャストサイズに設計されているのがよくわかりますね。

もちろんカメラ起動時にカバーが映り込むことはありません。

背面の全体です。

Appleのロゴが隠れてしまいますが、カバーのメーカーロゴなのはありません。

カバーの中心が円形に切り抜かれていてAppleのロゴが見えるデザインが他のメーカーがありますが、こちらの方が私はシンプルで好きですね。

このカバーの1番いいところは、触り心地。

iPhoneを持った時の触り心地がとてもしっとり感があっていいんです。

カバーもジャストサイズなので、ごつい感じが好みじゃない方には特におすすめです!

まとめ

この全面フルカバーは、全5色あります。

対応機種も、iPhone6、6sとPlus以外の機種にも対応しています。

全面カバーなので、見た目がガラッと変わります。

ちょっと周りと違う感じのカバーをお探しの方は、参考にしてみてください。

今回はジェットブラックモデルをレッド風にしてみました。

全面フルカバーでもお手頃価格なのでチェックしてみてくださいね!

(カラーによって価格が違うのでご注意ください)

 

対応しているiPhoneをAmazonで検索してみてください!

 

最後まで、ありがとうございました!

Copyright© Apple Life , 2022 All Rights Reserved.