【レビュー】iPhoneとApple Watchを同時にワイヤレス充電ができる2in1ワイヤレス充電器を試してみた!

iPhoneとApple Watchを同時にワイヤレス充電できる「2in1ワイヤレス充電器」をAmazonで購入したのでご紹介します。

Apple WatchやiPhone、AirPodsなどのデバイスが増えると、充電スペースが増えてデスク上でスペースを使いますよね。

今回、できるだけ充電スペースをスッキリさせたいと思い、2in1ワイヤレス充電器を購入しました。

まとめてワイヤレス充電できるこのワイヤレス充電器を試してみてたいと思います!

過去のデバイズ充電環境

2in1ワイヤレス充電器を使う前がこんな状況です。

iPhoneは、2018年9月に「iPhone XS Max」を購入。

待望のワイヤレス充電対応になりましたが、充電スタンドに置いてLightningケーブルを挿して充電していました。

関連記事
iPhoneXSMax開封レビュー!画面が大きいiPhoneが好きなのを再認識させてくれたiPhoneXSMAX!
関連記事
【レビュー】おすすめのiPhoneスタンド「Lomicallスマホスタンド」が角度調整もできてカラーバリエーションも豊富

ちなみに上記の充電スタンドは、現在ニンテンドースイッチでゲームをする時は、YouTubeで動画を視聴する時に息子たちが使用しています(笑)

関連記事
Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)でYouTubeの動画を見る方法と再生エラーの対処方法!子供には視聴時間の制限が必要かも

Apple Watchの充電時に使用していたSpigenの充電スタンドもお気に入りでずっと使っていたのですが、今回の2in1ワイヤレス充電器購入で少しお休みですね。

コンパクトで使いやすいのでまた使う時がくると思います。

関連記事
【レビュー】Apple Watchの充電スタンドは、SpigenのApple Watch充電スタンドが安くておすすめ!

2in1ワイヤレス充電開封レビュー

2018年8月末に購入した商品です。

Prime商品なので翌日に届きました。

パッケージが見てわかりやすいデザインになっています。

Apple WatchとiPhoneを同時にワイヤレス充電しているイメージですね。

(iPhoneはホームボタンがあるのでiPhone8かな)

パッケージもしっかりしていますね。

では、中身を確認したいと思います。

メーカーロゴが入っているだけでシンプルなデザインが良い感じですね。

同梱物は、このワイヤレス充電器と説明書のような用紙がはいっているだけでした。

コードが本体と直接繋がっている状態なので、Lightningケーブルなどは不要です。

ただ、電源アダプタは別途必要になるのでご注意ください。

本体の裏側には、6つ滑り止めが付いています。

よく見ると、本体端に切り目が入っていてこの部分は、角度を変えることができます。

このように直角にすることによって、便利な充電方法があるので後で紹介したいと思います。

では、実際にワイヤレス充電を試してみます!

iPhoneをワイヤレス充電してみた

このワイヤレス充電器は、左側がApple Watchで右側がiPhoneを充電する位置になっています。

では、まずiPhoneからワイヤレス充電を試してみます!

iPhoneのみを置いてワイヤレス充電をしてみました。

このワイヤレス充電器本体の中心にiPhoneを置くと充電が開始されません。

先程のiPhoneを充電する位置がiPhoneの中心にくるようにiPhoneを置くとワイヤレス充電が開始されます。

写真でもiPhoneが少し上に置いているのがわかります。

次は違う角度にiPhoneを置いて充電してみました。

これも同じように、iPhoneを充電できる位置をiPhoneの中心に置いて充電しています。

中心がズレなければ、iPhoneがどの角度になっていても充電は開始されます。

充電器がコンパクトなところはいいのですが、位置を意識して置いて充電しないといけないのは、少し面倒かもしれませんね。

ただやはり、Lightningケーブルの抜き差しをしなくていいので、片手で充電の開始、終了ができるので便利です。

これに慣れるとますますLightningケーブルの抜き差しが面倒に感じそうです。

Apple Watchをワイヤレス充電してみた

次は、Apple Watchをワイヤレス充電したいと思います。

上記の画像の左側がApple Watch専用の充電場所です。

もちろんApple Watchの場所にiPhoneを置いても充電が開始されることはありません。

その反対も同じです。

腕からApple Watchを外してそのままバンドが開いた状態でもワイヤレス充電をすることが可能です。

しかしこのバンドを開いた状態だとかなりスペースを使うので邪魔になるかもしれません。

また、バンドが開けないタイプもあるので注意が必要です。

過去のレビュー記事でも紹介した「ステンレスバンド」や「ミラネーゼループ」だと注意が必要です。

バンドを開くことができないので、先程のようにバンドを開いた状態でワイヤレス充電をすることができません。

おすすめ
Apple Watch対応の「JEDirect」ステンレスベルト(ブラック)が安くてカッコイイのでおすすめ!
おすすめ
Apple Watch バンド「ミラネーゼループ」純正じゃない安いバンドも機能性も良くて着け心地が良いのでおすすめ!

バンドが開けないタイプの場合、このようにApple Watchを置いても充電が開始されることはありません。

バンドを開けないタイプのバンドを使用されている場合は、上記の画像のように一部分を縦に角度を変えて使用する方法が便利です。

あとは上記の画像のように、Apple Watchを置くだけで充電が開始されます。

これならわざわざバンドを開かなくても充電ができて簡単ですね。

Apple Watch本体と接触する部分がマグネットになっていて、Apple Watch本体にくっついて充電することが可能です。

iPhoneもApple Watchも充電する時はこのような感じです。

iPhone XS Maxが大きいサイズですが、iPhoneとApple Watchが同時に充電することが可能です。

iPhoneがワイヤレス充電に対応していない場合は、下記の記事で紹介をした「ワイヤレスレシーバー」を接続すると、iPhone 7 Plusでもワイヤレス充電できるのでおすすめです!

おすすめ
ワイヤレス充電に対応していないiPhone 7 Plusをワイヤレス充電できるように充電レシーバーを接続して試してみた

あとは「AirPods」のワイヤレス充電もしたいですね。

iPhone、Apple Watch、そしてこのAirPodsを1つのワイヤレス充電器でまとめてワイヤレス充電するとさらにデスクがスッキリしますね。

まとめ

気になったポイントをいくつかまとめたいと思います。

この商品の良いところと残念なところをです。

良い点と残念な点

・デスクスペースを最小限に使用してiPhoneとApple Watchをワイヤレス充電できるのは便利で使いやすい

・Apple Watchのバンドを開けなくてもApple Watchを横向きに置くだけでワイヤレス充電できるので簡単

・かなりコンパクトなので、旅行や出張などでいろんな充電ケーブルを持っていかなくても1つでまとめることができる

・iPhoneやApple Watchを置く時に位置に注意!ズレると充電できないので毎回しっかり充電できているか確認が必要

充電器をまとめると電源の出力のことや、充電スピードのことを考える必要があるかもしませんね。

でもやはりワイヤレス充電は手軽で私には使いやすいので、Lightningケーブルよりはワイヤレス充電派です。

(充電しながらスマホを使用することがないので)

 

現在(2022/08/12)ご紹介した2in1ワイヤレス充電器は、在庫がない状態です。

類似商品を下記に掲載しています。

 

Amazonでも「2in1ワイヤレス充電」と検索するとたくさん種類が出てくるので検索してみてください。

デスクがスッキリするので、おすすめです!

 

最後まで、ありがとうございました!

カテゴリ充電スタンド

Copyright© Apple Life , 2022 All Rights Reserved.