iPhone、iPad、Apple Watchなどのはめ込み画像が簡単に作成できるおすすめ無料アプリ5選

2017/03/19

f:id:applebaka:20170314215825p:plain
iPhone、iPad、Apple Watchなどに任意の画像をはめ込み、簡単にオリジナルのはめ込み画像を作成することができる無料アプリのご紹介です。Webで無料に作成できるツールをよく私も利用するのですが、手軽にスマホからアプリで作成できるので移動時間や空き時間などにアイキャッチ画像の作成に役立ててみてはいかがでしょうか。作成方法も合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

 

Apprint

1つ目のアプリは、「Apprint」という無料アプリです。そこまで凝ったはめ込み画像を作らないのであればこのアプリで十分だと思います。iPhoneのカラーを選んで、iPhoneにはめ込みたい画像を選択するだけで簡単にiPhoneへのはめ込み画像を作成することができます。操作方法を簡単にご説明します。

f:id:applebaka:20170318115041j:plain

  1. アプリを起動すると、iPhoneのフレームが表示されます。上の方に「MENU」と記載されているところをタップ
  2. MENU」をタップしてメニューを開きます。その中にある「Rose Gold、Gold、Black、Silver」からiPhoneのカラーを選びます。
  3. Black」を選ぶとiPhoneのカラーを簡単に切り替えることができます。

f:id:applebaka:20170318130405j:plain

  1. はめ込み画像の上部に文字を挿入することもできます。
  2. TEXT COLOR」で挿入文字のカラーを変更することができます。また、「BACKGROUND」で背景のカラーを変更することができます。そして矢印の先のアイコンタップし、iPhone内の画像からはめ込む画像を選びます。
  3. はめ込む画像を選択すると、簡単に任意の画像を簡単にはめ込むことができます。

f:id:applebaka:20170318131046j:plain

  1. iPhoneのはめ込み画像が完成したら後は保存するだけ。「MENU」の中から矢印の先のアイコンから保存場所を選びます。
  2. 画像を保存」をタップするとカメラールにはめ込み画像を簡単に保存することができます。
  3. 簡単な操作でシンプルですが、文字を挿入して背景のカラーを変更してiPhoneに任意の画像をはめ込んだはめ込み画像の完成です

現在、アプリをダウンロードすることができません。

スクリーンショットエディタ

2つ目のアプリは、「スクリーンショットエディタ」という無料アプリです。iPhoneとiPadのはめ込み画像が作成できます。有料版もあるようですが、無料でも十分に使えるアプリだと思います。先程の「Apprint」アプリにほとんど似ていてiPadがフレームとして使えるのが魅力です。これも簡単に操作説明をします。

f:id:applebaka:20170318144408j:plain

  1. まずは、テンプレートを選びます。iPhoneかiPadで縦向きと横向きから選ぶことができます。今回はiPadの横向きを選びます。任意のアイコンをタップ
  2. 白のiPadですが、iPadをタップするとカラーを変更することができますiPad AiriPad miniホワイトブラックです。
  3. タイトルや説明などの文字の挿入も可能です。

f:id:applebaka:20170318144832j:plain

  1. タイトルと説明と表示されているところをタップすると任意の文字を挿入することができます。
  2. フォントの種類カラーなどは後で変更方法をご紹介します
  3. フレームのiPadの画面部分をタップすると、スクリーンショットの保存先が開くので、はめ込みしたい画像を選択します。

f:id:applebaka:20170318145228j:plain

  1. ここで先程のタイトル説明などのフォントの種類カラーを変更することができます。上の「カスタマイズ」をタップ
  2. 背景カラーフォントの種類カラーをカスタマイズすることができます。タイトルに影をつけたり位置を変えるのは有料サービスになるようです。
  3. タイトル、説明などのカスタマイズやはめ込み画像を入れて完成したら、右上の矢印の先のアイコンをタップします。ここでエクスポート先を選択します。カメラロールに保存も可能です。

f:id:applebaka:20170318151833j:plain

このような感じでiPadの横向きのはめ込み画像が簡単に作成できます。有料サービスの部分もありますが、アプリは無料なので無料範囲で十分カスタマイズしたはめ込み画像を作成できます。ブログなどのアイキャッチ画像に使ってみてはいかがでしょうか。

現在、アプリをダウンロードすることができません。

Screenshot Maker Awesome for Mobile apps

3つ目のアプリは、「Screenshot Maker Awesome for Mobile apps」という名前の長いアプリです。このアプリも操作は簡単で、iPhone・iPad・GALAXY NOTEを選ぶ事ができます。またフレームのカラーが魅力的で、私のように背景カラーのセンスがないものにはあらかじめ何種類かテンプレートができていて選べるのが助かります。考えるのが手間な方にも便利ですね!これも簡単に操作説明します。

f:id:applebaka:20170318205107j:plain

  1. アプリを起動すると、下部にいろんなパターンのフレームが用意されています。そこから選ぶこともできますし、個々でカスタマイズすることもできます。上部に文字を挿入するためには、Aのアイコンをタップ
  2. 上部に任意の文字を挿入することができるので、ここで入力します。
  3. 左上のアイコンからiPhoneなどにはめ込みたい画像を選ぶと、簡単にはめ込み画像を作成することができます。

f:id:applebaka:20170318215607j:plain

  1. 右下の「Settings」からフォントの種類の変更やカラーの変更、背景のカラー画像の変更など各項目の変更をすることができます。iPhoneやGALAXYなどのフレームもここから変更することができます。
  2. はめ込み画像の作成が完了すると、右上の「Save」から保存先を指定して出力することができます。
  3. ただ、私のように何度か出力すると、制限回数が決められていて上限に達すると出力できなくなります。(無料アプリには出力制限があります。)何度か試しに無料で使って気に入れば課金するのもいいかもしれません。

現在、アプリをダウンロードすることができません。

iSweetlt 2.0 Screenshot & Mockup

4つ目のアプリは、「iSweetlt 2.0 Screenshot & Mockup」というフレームが多くて使いやすいアプリです。スマホタブレットパソコン看板ポスターノートなど種類が多くて迷うぐらいです。操作方法という程でもないので、簡単にいくつかフレームをご紹介します。

f:id:applebaka:20170319083946j:plain
これがスマホとタブレットのフレームですね。パッと見でどの種類かすぐにわかっていいですよね。「スマホ・タブレット」を選んで、フレームを選んで、はめ込みたい画像を選ぶだけ。

f:id:applebaka:20170319084521j:plain
次はタブレットとパソコンのフレームですね。これも好きなフレームを選んで画像を選ぶだけ。こちらもいいフレームが多くていいですね。

f:id:applebaka:20170319084752j:plain
次は、看板やモニターなどです。使い方が難しいような気がしますが面白い画像ができて嫌いじゃないです。文字だけの画像の方が合うかもしれませんね。

f:id:applebaka:20170319085239j:plain
最後は、ノートや紙袋などに画像をはめ込むことができます。これも画像によっては面白いはめ込み画像やカッコイイのができそうですね。

f:id:applebaka:20170319085621j:plain
完全に失敗作ですね(笑)文字だけの方がやっぱり合うのかもしれませんね。フォントの種類などをこだわって作成するといいのができるかも。この無料アプリが一番使いやすいかもしれませんね。ぜひ、お試しを〜

現在、アプリをダウンロードすることができません。

Screenshot Maker Pro

最後は、「Screenshot Maker Pro」というApple製品のはめ込み画像を作成できるアプリです。iPhone、iPad、MacBook、iMac、Apple Watchなどに画像をはめ込むことができます。

過去に「スクリーンショット画像の編集におすすめなアプリ」という記事でこのアプリを紹介したことがあります。そちらに操作説明を記載しているので確認してみてください。

f:id:applebaka:20170319092157j:plain
こんな感じでフレーム画像が多いです。シンプルなのが多いのでここままシンプルなはめ込み画像も作成できますし、逆に自身でカスタマイズすることもできるので使いやすいアプリですね。

Screenshot Maker Pro

Screenshot Maker Pro

  • Takahiko Hatano
  • ユーティリティ
  • 無料(実際の価格はApp Storeで要確認)

まとめ

最後の方は、少し早い説明になりましたが今回は5つのはめ込み画像が作成できるアプリをご紹介しました。長くなってしまいましたが、スクリーンショット画像をブログなどで使う方は少し手を加えるのに使えると思います。無料アプリですが、エクスポート(出力)に制限があるのでご注意ください。

最後まで、ありがとうございました!

1

<2020年11月08日追記更新> このページでは、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxのどのカラーが人気があるのか、またどの容量のProシリーズのiPhoneが人気で売れて ...

2

このページでは、郵便局窓口およびネットショップで販売する「鬼滅の刃」の年賀はがきや切手シートなどの郵便局限定グッズをご紹介しています。 販売される鬼滅の刃グッズの商品名や価格、予約開始日、発売日もあわ ...

3

<2020/11/08追記>11月6日にiPhone 12 miniとiPhone 12 Pro Maxの予約が開始されました。 このページでは、iPhone 12シリーズ(iPhone 12、iPh ...

4

<2020年10月7日追記 新型iPhone12発表イベント日時> WWDC2020で「iOS14」「iPados14」が正式に発表され、2020年9月17日に「iOS14」「iPadOS14」がリリ ...

5

<2020/09/16追記>watchOS7のリリース日を追記しました。 WWDC2020で「watchOS7」が正式に発表されました。 睡眠状況を記録したり、手洗い時間を計測したり、文字盤をカスタマ ...

6

<2020/06/18更新>iPhoneを機種変更や他社へののりかえ(MNP)時に、手持ちのiPhoneを下取りに出した場合の、買取価格をまとめました。 Apple、ドコモ、ソフトバンク、auでiPh ...

7

4.7インチディスプレイにA13 Bionicチップ搭載のiPhone SE第二世代。 今回は、開封から手に取ったサイズ感やデザインの感想などを書きたいと思います。しっかり使ってみた感想などは、別の記 ...

8

人気漫画「鬼滅の刃」がアプリになって登場予定です。 タイトル「鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル」が2020年リリース予定となっています。 リリース前に事前登録の受付が開始されました。 ゲームアプリ情報、事 ...

9

週刊ジャンプ連載中の大人気漫画「鬼滅の刃」など欲しい本の在庫状況を検索できるアプリや検索サイトがあるのでいくつかまとめてご紹介したいと思います。 漫画「鬼滅の刃」がどこの書店に行っても売り切れだったり ...

Copyright© Apple Life , 2020 All Rights Reserved.