iOS13.5.1リリース!iPhone脱獄の脆弱性を修正アップデート!

2020/06/02

Appleは、6月1日に「iOS13.5.1」アップデートをリリースしました。

その他、iPadOS13.5.1、watchOS6.2.6なども同時にリリース。

重要なセキュリティデータを含まれており、すべてのユーザーに推奨と記載があるだけで詳しくは紹介されていません。

iOS13.5.1

アップデート内容

5月21日に「iOS13.5」がリリースされたばかりですが、早くもiOS13.5.1がリリース。

「iOS13.5」では、マスク着用時に瞬時にパスコードを表示してくれてFace IDのストレスを解消してくれました。

▼下記の記事で「iOS13.5」のアップデート内容も紹介しているので、併せてチェックしてみてください。

「iOS13.5」iPhoneでマスク着用時にFace IDをスキップしてパスコード画面を素早く表示!

そして今回6月1日にリリースされた「iOS13.5.1」のアップデート内容は、下記のとおりです。

iOS13.5.1には重要なセキュリティアップデートが含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

詳しくは記載されていませんが、脱獄ツールを使えないよう脆弱性の修正アップデートされたようです。

対応機種は、iPhone 6s以降、iPad Air2以降、iPad mini4以降、iPodtouch第7世代

メモリの処理の改善により、メモリ消費問題も解決されたとのこと。

アップデート方法

iOSのアップデート方法は、以下の操作手順です。

iPhoneの「設定」を開き、「一般」→「ソフトウェア・アップデート」を選択します。

最新のアップデートがある場合は、表示されるので「ダウンロードしてインストール」を選択します。

iOSアップデートには、Wi-Fi接続が必要です。

iOSアップデート前には、必ずバックアップ処理を行なってからiOSアップデートをするようにしましょう。

まとめ

今回のアップデートは、76.7MBとそこまで大きな修正およびアップデート内容ではないですが、すべてのユーザ推奨と記載があるぐらいなので、早めのアップデートをおすすめします。

iOSアップデートは、時間のある時にそして念のためバックアップ処理を行ってからiOSアップデートを実施しましょう。

 

最後まで、ありがとうございました!

 

Copyright© Apple Life , 2021 All Rights Reserved.